コンテンツへスキップ

仕事と法律

近年法律も整備され、働きすぎないようにすることが求められるようになりました。残業は何時間までだとか、サービス残業はダメだとか、企業ごと色々対策は立てられているんだと思います。

ただ、明らかに昔よりも仕事量が増えているのに働く人数が変わらず、だからと言って機械任せにはできない仕事の場合、どう考えても働く時間が長くなるのは当然のことだと思うんです。

でも働く時間は短くしなさいという矛盾に、これからどうなっていくんだろうという不安があります。私の働く事務所には中間管理職と呼ばれる人がいて、契約社員がいて、時給で働いている嘱託社員がいます。中間管理職の人は残業代が発生しないので夜遅くまで事務所にいます。

契約社員は残業させられないので早々に帰ります。契約社員が働けない分は嘱託社員が働きます。嘱託社員は人数が多いですが当然残業時間に限度があります。あれこれ書きましたが、働いた分だけお金がもらえれば、私はそれで満足なんですけどね…。

正直労働時間とかどうでもいいと思っています。こう思うのは私1人ではないと思うですよね。邪魔者扱いされているわけでもない、お金を稼ぎたい、でも働かせてもらえないって何だか切ないです。